カンボジアの世界遺産アンコールワットがある街、シェムリアップ。

国内最大の観光拠点として栄えたこの街は、欧米の人が多いこともあり『パン』を食べる人が多い気がします。

実際、私が暮らす首都プノンペンよりヌンパンパテ屋さんも多く、さらにはボボーと呼ばれるお粥にもパンを添えています。(※基本は中国式の揚げパン)

今回はずばり、そんなシェムリアップでも行列必須の人気『ヌンパンパテ』をご紹介します。

ヌンパンパテとは?
カンボジア式のサンドイッチ。歯切れのよいパンに、ハム、レバーペースト、きゅうり、パパイヤのお漬物などを挟んで食べる。

カンボジア食べ物
シェムリアップのヌンパンパテ

  • 店名:不明
  • 開店時間:7:00〜19:00頃
  • お手洗い:なし
  • 駐車場:なし
  • 持ち帰り:可
  • 英語:◯

▼場所

シェムリアップのヌンパンパテ|お店の説明

カンボジアの食べ物|シェムリアップ【ヌンパンパテ編】

このヌンパンパテ屋さんはずばり『屋台』です。

中心街であるバーストリートの近く、リバーサイドにあるアンコールトレードセンターというショッピングモール付近に出現します。

午前中は川沿いに、午後は日差しの関係で上記のグーグルマップにつけたピン付近に移動します。

夕方のピーク時には彼のヌンパンパテを待つ人でいっぱいになりますが、午前中は空いています。

ヌンパンパテ兄弟

カンボジアの食べ物|シェムリアップ【ヌンパンパテ編】

ちなみに、ご兄弟が別の場所・同じ価格でヌンパンパテ屋台を営業しています!

こっちは今度、必ず食べる…。

お店のメニュー

カンボジアの食べ物|シェムリアップ【ヌンパンパテ編】

  • ヌンパンパテ:2000リエル
    (0.5ドル / 約55円)

メニューは1つだけですので、注文も超簡単です。

『マテー(ッへ)?』と聞かれますが、『唐辛子は入れる?』ということなので、辛いのがお好きな方はチャレンジしてみてください。

すぐ食べない時の裏技

ここのヌンパンパテには、たっぷりとパパイヤのお漬物がトッピングされます。

水分が多いので、すぐに食べない場合は別袋で添えてもらうと良いです。

このお兄さんは英語が話せますので、『Can I have papaya salad on the side?』でOKです。

ヌンパンパテの具

カンボジアの食べ物|シェムリアップ【ヌンパンパテ編】

  • 特製バター
  • 特製ペースト
  • きゅうり
  • チャーシュー
  • パテ
    (カンボジア風ハム)
  • 特製ソース
  • パパイヤのお漬物
  • 唐辛子

上記の順番で、手際よくサンドイッチが完成します。

ちなみに、屋台内部がオーブンになっているのでパンはカリッと焼かれた状態です。

サバ(イワシかも)のトマト缶をペーストかソースに使用しているようです。

ヌンパンパテの味

カンボジアの食べ物|シェムリアップ【ヌンパンパテ編】

  • 安い、旨い、ちょうどいい
  • バターが甘すぎない
  • 唐辛子が辛すぎない
  • 具材たっぷり
  • 全体の食感が◎

まず特筆すべきは1本で約55円という信じられない『値段』ではないでしょうか?

首都プノンペンだと、ここのヌンパンパテより小さくて4000リエル〜が相場です。

確かにここのヌンパンパテ、サイズは大きくはありませんが女性なら十分ですし、たとえ2本食べても1ドルです。笑

また、ヌンパンパテの特徴として甘〜いバターを塗るお店が多いのですが、ここのはさほど甘くありません。

さらに、唐辛子ソースもちょうどよい辛さなので、日本の皆さんも食べやすいと思います。

個人的に味のバランスがハナマルでした。

カンボジアの食べ物【ヌンパンパテ】|感想

ベトナムのバインミーに似ていますが、実はまったく異なるサンドイッチである『ヌンパンパテ』。

地方やお店によって『何をどれだけ挟むか』という個性があるので、お気に入りを探すのが楽しいのです。

今回ご紹介したお店は『安い・旨い・ちょうどいい』の三拍子でした。

またもや『地元民で賑わう店に間違いなし』、という伝説が確かなものとなったのです。

▼地元民で賑わうおいしい鶏めし(バーイ・サイッモアン)のお店

カテゴリー: グルメ

NORIKO

出身:愛媛県。世界中の「おいしい」を探してブログをかいています。

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA