仕事のモチベーションが上がらない?ならば【7つの音】で集中する!



ブログを書き始めて、パソコンとスマホを使う時間がおそろしく増えた。

wifiを使って自宅やカフェで作業することが多いのだが、そこでは自分1人の空間がどうしても作りづらい。

しかたがないことだが、どうしても雑音が気になる。

仕事 モチベーション 集中

私にとって、音楽を聴きながら仕事をすることはモチベーションを上げるひとつの秘訣となっています。ときにはモーツァルトのクラシック、ときには流れるようなピアノのJAZZ。またあるときには新鮮なビートのラップミュージック。

そのときの気分や、テンションで音楽を聞いています。

人がしゃべっている動画やラジオは休憩中の気分転換にはいいのですが、作業中のバックグラウンド音源には向かない。

ですが問題は、完璧なプレイリストを見つけることは容易ではないということです。

自分がストックしている音楽では限界があるし、一曲一曲選曲しているとかえって仕事に集中できなくなります。


仕事のモチベーションを上げる7つの【音】をご紹介

特定の音や音楽は、人間の生産性レベルに影響を与えるということが数多くの研究で結果として出ています。

研究の結果をふまえ、下記ではおすすめのプレイリストとしてご紹介したいと思います。

私はNo.5をよく聞きますが、意外とNo.7も集中できます。

仕事のモチベーションが上がらないあなた、ぜひ聴きながら仕事をしてみてください。

集中して作業できると思います!



1) クラシック音楽

音楽と生産性に関する研究でよく引き合いとされる「モーツァルト効果」というものがありますが、これはモーツァルトを毎日短時間でも聴くことで「抽象的な推論力」を向上すると結論づけたものです。

※推論力とは「答えのある問題」において、答えにたどり着くのに必要な全ての情報が与えられている状態で、情報を整理して答えを導く能力です。 
「推論力とは?」参照

研究者のゴードン・ショー、フランシス・ラウシャー、キャサリン・カイが主導したこの研究では、3つのグループに分かれた36人のの学生を採用。

グループ1はモーツァルトの音楽を聴き、グループ2はリラクゼーション音楽を聴き、グループ3は10分間の沈黙に与えました。

リスニングの後、36人の学生全員に同じテストを実施したところ、モーツァルトのグループは残りのグループと比べて平均してIQが8~9ポイントも上昇したといいます。

それ以降「モーツァルト効果」は熱く論争されてきました。多くの研究者がクラシック音楽を聴くことの精神的な効果を探求してきました。例えば最近の研究では、作曲教育に参加した小学生の子供たちは、その他の子供たちよりも読解力の面で優れていることがわかりました。

6時間のモーツァルトプレイリストを用意しました。

クラシック音楽はあなたに効果があるかもしれません。ぜひ、感じてみてください。

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)

クラシック音楽家屈指の天才「モーツァルト」。

管弦楽曲、オペラ、ピアノ曲といった多岐にわたる分野において大きな功績を残し、現代においても揺るぎない人気を誇る作曲家です。

代表曲は「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」「トルコ行進曲」「フィガロの結婚 序曲」「レクイエム」。

モーツァルトが残した曲は「α波」が出やすいリラックス効果のある曲として人気を高めています。

早く生まれすぎた天才 モーツァルトの生涯:参照


2) ゲームのサウンドトラック

元ビデオゲームマーケティングコンサルタントであるエミー・ヨナセン氏は、「ゲームのサウンドトラックを選ぶ際には、集中したいときにモチベーションを高めてくれる音楽と気を散らしてくれる音楽のタイプを理解することが重要です」と述べています。

「例えば、あなたがエネルギーのある音楽を聴くとテンションが上がり集中力が高まるタイプなら、ThumperやKlangのようなリズムゲームのサウンドトラックが効果的です。逆に、集中するために落ち着きが必要な場合は、ABZÛJourneyのような探索ゲームの穏やかなサウンドトラックが効果的かもしれません。多くの独立系タイトルを含め、毎年何千ものゲームがリリースされているので、誰の耳にも合うサウンドトラックが存在します。」と言っています。

考えてみてください。

ゲームをプレイするには、多くの集中力が必要になります。次のレベルに進むためには、トラップを避けたり、秘密の道具を見つけたりしなければなりません。その結果、ゲームの音楽は非常に戦略的に作られていることが多く、最近のサウンドトラックでは基本的な効果音だけではなく、壮大で「感動的な映画」のようなを楽曲を反映している傾向にあります。

研究の結果では、音量を上げてゲームをプレイすることで、ゲーマーのパフォーマンスが向上したそうです。例えば、「ブレス オブ ザ ワイルド(ゼルダの伝説)」に注目したところ、音楽と効果音の両方をオフにしてプレイした参加者の方が、音量を上げてプレイした参加者よりもパフォーマンスが低いことがわかりました。

ゲームのサウンドトラックにはどのような音楽があるのでしょうか?

ゲームをプレイする人でもそうでない人も、実際にこの世界観にふれてみてください。きっとその奥深さに気づいて頂けるでしょう。

以下のプレイリストをチェックしてみてください。


3) ネイチャーサウンド

Journal of Acoustical Society of Americaに掲載された心理物理学的データと音場分析によると、「自然な」音を聴くことで認知機能が向上し、集中力が最適化され、満足度が向上する可能性があるとのことです。

想像してみてください。波の音、鳥のさえずり、小川のせせらぎなどの自然な情景を。

Google HomeやNoisliなど、多くの企業がリラックスしたり、集中したりするのに役立つようなアンビエントサウンド機能を導入しています。


4) パンプアップソング

正しい種類の音楽を聴くことで、私たちはよりパワフルに感じたり、自分をコントロールできるようになるのだろうか?

研究者グループ(ケロッグ経営大学院のデレク・ラッカー教授と彼の同僚の3人 – ローラン・ノードグレン、李黄、アダム・ガリンスキー)は、音楽が人間のモチベーションと聞いた後の行動にどのような影響を与えるかを研究しました。

彼らは参加者にいくつかの曲を再生し、それぞれの音楽がいかに強力的か圧力的かなどのスコアを付けてもらいました。

その楽曲の中で特に”ハイパワー “な勝者が3曲。

クイーンの “We Will Rock You“、2アンリミテッドの “Get Ready for This“、50セントの “In Da Club“でした。

「プロのスポーツ選手がパワフルな音楽をかけながらフィールドに出向くように、音楽は選手自身の心の状態を高める」とラッカー教授は説明しました。

大事なプレゼンテーション、面接前などに力を与えられたいと思う人などは、このプレイリストをチェックしてみてはいかがでしょうか。


5) インストゥルメンタルソング

ミドルテネシー州立大学の研究者キャロル・A・スミスとラリー・W・モリスは、テスト中に「鎮静的な」音楽を聴いた生徒の方が、叙情的な音楽を聴いた生徒よりも得点が高いことを発見しました。

インストゥルメンタル音楽は、歌詞付きの音楽よりも知的活動を促進します。

音楽を聴くと、機械的な単純作業をより楽しめるようにもなります。

ランナーは音楽を聴きながら走ると、より速く走れます。これは、パワフルな音楽は選手のモチベーションを上げる効果があると先ほど述べた通りです。

しかし、学習や暗記をするときには、静寂が一番です。

そのような時のために、これらの「歌詞のない曲」をチェックしてみてください。


6) Feel Good Music

音楽を聴くとドーパミンが放出されます。

音楽は私たちの気分を高揚させ、充実させ、健康を増進させることができます。

失恋でテンションが低い時、仕事でストレスの多い日を過ごしている時など、ハッピーな音楽を聴けば気分が少し晴れた気がしませんか?

音楽は精神を高揚させることができます。音楽を聴くことは血圧や心拍をコントロールする自律神経系と、感情や感情を司る大脳辺縁系に働きかけます。

心理的な幸福にも効果があります。ミズーリ大学の研究では、アップビートな音楽が私たちの幸福感に非常にポジティブな効果をもたらすことを初めて発見しました。

また、ユナ・ファーガソン博士は、「聴いている音楽がハッピーでアップビートなものである限り、人々はポジティブな気分を高める」と述べています。

次のプレイリストはアップテンポでポップな選曲です。リズミカルで心が踊ります。


7) ホワイトノイズ

私たちの約70%はオープンな環境の職場で働いています。隣の同僚と簡単に話せたり質問したりすのは素晴らしいことですが、多くの人はバックグラウンドのノイズや会話に気が散ると感じていることでしょう。

山口大学の研究によると、「記憶や算数のタスクを含む知的活動を行う際、ノイズが心理的な印象を強め、パフォーマンスの低下につながる」と述べました。

あまり聞きなれないホワイトノイズですが、ホワイトノイズとは、換気扇や空気清浄機の音、テレビの砂嵐音のような「ザー」「ゴー」という雑音です。

ホワイトノイズのような中立的で非言語的な背景音は「気が散ること」を避け、あなたを集中させてくれます。


番外編) ASMR

「ASMR」は「Autonomous Sensory Meridian Response」の略で、咀嚼(そしゃく)音や耳かきの音などを録音した、いわゆる「音フェチ動画」です。

ASMRの記事はこちら

ヘッドホンなどを装着し、立体感のある話し声またはささやき声や、食べる音など学習時や就寝時に聴くと良いと言われ、癒やし動画として話題となっています。

アメリカで流行したことをきっかけに、世界中で徐々に人気が拡大し、韓国でも睡眠導入に良いとブームとなりました。

一度試してみてください。

ダメな人も多いかもしれませんが、ハマる人も続出です。


他の五感で一度気分をリフレッシュ!


いろいろな種類の「音」はあなたの仕事や作業の生産性を高めてくれることでしょう。

あなたに合った「音」で集中してみてください。

ここでは「音」について書きましたが、仕事に疲れた時はリフレッシュとして体を動かすことや食べることなど気分転換も必要です。

下記の記事もご参考ください。

オンライン動画エクササイズ「LEAN BODY」を使った、

令和版ブートキャンプ

腰痛改善ストレッチ

肩こり解消ストレッチ

瞑想もいいです。

フード関係はこちら。たくさん食べてストレス発散しましょう!


本記事の参考記事:
The 7 Best Office Music Playlists for Productivity
Music makes you feel better



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA