Pay Forex(ペイフォレックス)で海外送金。Pay Forexの実際の手数料・日数・方法を公開

手数料の高くて有名な海外/国際送金。そこで試しにPayForexを使ってみた

Pyforex画像


結論:送金中

カンボジアのABA BANKへPayForexを使って国際送金してみました

以前のTransferwiseは思ったより多めに手数料を取られましたので、今回はPayForexを使います

今回はその手順をご説明いたします

以前の記事はこちら↓



PayForexの送金方法。実際に海外送金してみます

流れとしては、

  • 海外送金先に送りたい金額(今回はUSD)に対する日本円相当額を一時的にPayForexへ振込
  • PayForexサイトから海外送金先口座の入力
  • 送金

となります。


今のドル円相場をググって確認してみよう

ドル円相場

日本時間 2019/11/20 16:52 

為替相場 1USD = 108.46円

ここ最近では108円から109円のアップダウン

今はちょうど真ん中あたりですね


次にPayForexのサイトにて計算

英語ではなく日本語対応していますので、とても安心です

Pyforex画像

一番下の円換算額合計を入力します

中ほどに見える項目は、

①両替レート:PayForexが通常為替レートに1.2円手数料として上乗せした額

②両替金額:①×5000USD=548,000円

③送金手数料:500,000円以上は送金手数料無料 ※499,999円以下は手数料1,980円

④着金額指定サービス:2500円を先に支払っておけば、中継銀行のSWIFT手数料、受取銀行の受取手数料などがいくらかかってもこちらに請求されることがありません。以前のTransferwiseで痛い目に合っているので、このサービスは利用します。逆にこのサービスがあるからPayForexを選びました

①〜④を足した金額=円換算額合計

今回は5000USDを送りたいので、550,900円を入力してみるとぴったり5000USDになりました

相場は常に動きますので、送金作業をしている間に思っている相場より上がってしまう可能性があるため、余裕を持って560,000円を振り込みます


自分の日本口座からPayForexへ振込

非常に見やすいPayForexのサイトレイアウト

トップページから

Pyforex画像

入金をクリック

Pyforex海外送金画像

銀行口座入金をクリック

PayForexの口座一覧が表示されます

ここで送金先口座を選択するのですが、私はおすすめと表記されている一番上の即時入金GMOあおぞらネット銀行を選択しました

振込手数料はこちら負担になります

GMOあおぞらネット銀行の他に、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、りそな銀行を選択できます

最近のネットバンキングは同行振込ですと、振込手数料無料の銀行が多数あります

かしこく振込手数料無料の道を選びましょう


振込完了っと...
Pyforex海外送金画像

と同時に即入金されています!

ものすごい速さです


実際に送金してみます

Pyforex海外送金画像

通常送金をクリック


Pyforex海外送金画像

送金額を入力するのですが、さきほどの計算ページでの入力方法と異なり、着金額指定サービスを除いた日本円換算金額を入力します

548,300円で5000USDとなりました

なぜ、計算ページと同じ表示にしないのだろう…


Pyforex 海外送金 手数料

受け取り先口座を入力



Pyforex 海外送金 手数料

口座登録が完了


Pyforex 海外送金 手数料

送金完了です

付与予定Pコイン???

なにやら送金金額に対し、0.01%のPコインがもらえるキャンペーンをしているそうです


取引履歴画面では受付中となっています

2019/11/20 16:56に送金しました。

いつ届くか楽しみです


結果:届きました!



ご興味ある方、ただいまPayForexではキャンペーン中のようです

こちらから登録すると1,000円キャッシュバック

下記QRコードでもOKです

PayForexキャンペーンQRコード



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA