被リンク対策 中古ドメインを海外業者【ゴーダディー】で購入



みなさんご存知の通り、SEO対策に被リンクは必須です。

この記事では、海外ドメイン販売業者である「ゴーダディー」にてドメインを購入する方法をご紹介します。


被リンク特化した「中古ドメイン」購入を海外業者で考える

中古ドメイン SEO ゴーダディー

日本の中古ドメイン販売業者では、

・「ラッコドメイン
・「アクセス中古ドメイン

中古ドメインオークションでは、

・「お名前.com

が有名です。

もちろん日本の業者サイトは日本語ですし、わかりやすくドメインを取得できます。

わたしも「ラッコドメイン」で中古ドメインを購入し、運営しているサイトがあります。

日本のサイトは確かに安全で透明性の高い業者が多いと思います。

ただし海外のドメイン業者と日本の業者で違う点があります。


SEOには被リンク超重要!だから中古ドメイン購入先も極めたい!

世界に存在するサイトの中で、日本語サイトは英語サイトのほんの一握りに過ぎません。

だったら海外業者の方がたくさん情報を持っているはず。

こう思って海外業者から中古ドメインを購入する方法を探すところから始めました。

度重なるグーグルコアアップデートで、SEO対策に必死なわたしです。。。


中古ドメイン購入「海外業者」と「日本業者」の比較

大きく3つあります!

①販売価格

やはりこれが一番大きい!

日本の各業者はそれぞれ独自の検証方法でドメインパワーを測り、仕入れ、そして自社で販売しています。

ものによっては、数十万円するようなものもゴロゴロしています。

中には高すぎるのでは?というような値付けもめずらしくないです。

自分の代わりに検証してくれてるのだから、当たり前だと言われればそうですが…


②取り扱い数

これは海外業者の方が圧倒的に多いです。

ただし、多すぎるので見極めが必要です。

この見極めがされているから日本の業者は価格高めです。いわゆる手間賃です。

そこでわたしは自分のやり方で探すことにしました。

数は膨大ですが、宝探しのようでそれはそれで楽しいですよ。

海外業者の販売している中古ドメイン群をまとめているサイトがあります。

わたしはそのまとめサイト「ExpiredDomains」から中古ドメインを検索。
→販売業者「ゴーダディー」で購入しました。

▼「ExpiredDomains」で中古ドメインを探す方法はコチラ


ゴーダディー」から直接ドメインを探すのもアリです。「ゴーダディー」は海外でも有名な大手のドメイン/Webホスティング/サーバー会社です。日本語対応なのも嬉しいところです。


③.jpは少なめ

凡用ドメインである「.jp」は海外販売業者での取り扱い少なめです。
凡用JPドメインドメインとは?

日本のサイト運営者は「.com」の他に「.jp」も好むので、日本の中古ドメイン販売業者は優良な「.jp」を日々探しています。

「.jp」をお探しの方なら取り扱いの多い日本業者が有利でしょう。

ただし先ほど言った通り、「ExpiredDomains」での中古ドメイン取り扱いは桁違いです。

新規の「中古ドメイン情報」は毎日更新されていますし、「.jp」の取り扱いもあります。

良い「.jp」ドメインはすぐ売り切れるので、安く探したい方は「ExpiredDomains」で探してみてはいかがでしょうか?

ただし「.jp」ドメインにはいくつかの種類があり、取得後は日本の指定業者へ登録が必要です。海外業者から購入する場合、自分で登録が必要になることもあるので注意してください。
「.jp」の登録詳細について


「ゴーダディー」で中古ドメインを購入する方法

わたしはまとめサイト「ExpiredDomains」から中古ドメインを検索し、そのあと「ゴーダディー」で購入しました。

ここではあなたが欲しいドメインを見つけたとして、そこからの取得方法をご紹介します。

今回はちゃんと日本語対応されているサイトなので、登録方法は省きます。

先にこちらのゴーダディー公式サイトから、登録完了させておいてください。

▼右上のサインイン選択後、マイアカウントの作成から簡単登録できます。

中古ドメイン SEO ゴーダディー


購入手順

▼矢印のところにあなたが指定したドメインが表示されます。

中古ドメイン SEO ゴーダディー

「カートに追加」を選択。

割引価格になっていました。

それにしても、安いでしょ〜。1,100円って!

ちなみに日本業者から販売されると一万円以上で販売されるレベルのドメインです。


▼カートに追加すると、「追加済み」画面になります。

中古ドメイン SEO ゴーダディー


▼オプション画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

追加オプションの指定ができます。

わたしはすべて「必要なし」にしました。


▼支払い画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

クレジットカードかPaypal(ペイパル)での支払いとなります。

わたしはクレジットカードにしました。

登録期間は1年から選べます。年数が多くなるほど、金額は高くなります。


▼支払い完了画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

支払いが無事終わると、完了画面に切り替わります。

「自分のドメイン管理」を選択、管理画面へ行きましょう。


本人確認

ドメイン取得後に本人確認が必要です。

▼ドメイン管理画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

「連絡情報を確認する」を選択すると、「ゴーダディー」登録時に入力したあなたのEメール先に確認メールが届きます。


▼Eメール画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

「今すぐメールを確認」を選択すれば本人確認終了です。


連絡先情報確認

ここでひとつやって頂きたいのが、取得したドメインの連絡先がちゃんと自分の住所になっているかということです。

▼ドメイン管理画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

「•••」を選択すると、赤枠の部分がポップアップするので、「ドメイン設定」を選択。


▼連絡先情報

中古ドメイン SEO ゴーダディー

わたしの場合なのですが、名前と住所が前所有者のままになっていました。

自分の名前や住所が違っていたら、画面右の「編集」を選択。


▼連絡先の更新画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

名前や住所を自分のものに変えてください。

★ここで注意して欲しいのですが、赤枠のところはアルファベットで入力してください。ここでは告知されないのですが、ここがアルファベットでないと先へ進めません。

入力できたら、画面下に出てくる「保存」を選択。

撮り忘れたのですが、この後「ドメイン移管を2ヶ月間ロックする」または「移管できる」ように選択できる画面があったと思います。

わたしはすぐに移管する予定がないので、「ドメイン移管を2ヶ月間ロックする」を選びました。


▼Eメール画面

中古ドメイン SEO ゴーダディー

あなたのEメールに登録情報変更のお知らせが届きます。

これで完了です。


おわりに

お疲れ様でした!

これで取得は完了しました。

あとはこのドメインを使って、

・ゴーダディーとサーバー契約し、WordPressなどでサイト運用する
 - 割引もされていて格安料金で使用できます。

・他のサーバーでサイト運用する
 - わたしは他のサイトも運用しているので、今回のドメインも他のホスティングサーバーで一括管理します。「エックスサーバー」を使っているので、この後のネームサーバー変更方法については後日投稿します。


そもそもドメイン取得めんどくさい…なんて人には!

無料ドメインが付いてくるゴーダディーの下記サービスがおすすめ!

・「WordPress」で構築できるサービスを使いサイト運用
 - 月100円から運用できます。やっす…

・簡単「Webサイトビルダー」を使ってサイト運用
 - 画面中央の「Webサイト」のカテゴリから先へ進んでください。ワードプレスもめんどくさい超初心者の方はこちらから初めても全然大丈夫です。簡単にサイト制作できます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA