プノンペンの不動産価格は下降傾向:新型コロナの影響下でプノンペンはどうなる?

ついにコロナがプノンペン不動産へも感染か!?

プノンペン 不動産

2020年1月に中国の武漢で始まったクラスターは、2020年4月初旬までに世界で120万人以上の人々に感染しました。

パンデミックの拡大に伴い、COVID-19の社会経済的影響がカンボジアの不動産価格に影響を及ぼし始めているようです。


コンドミニアム(分譲マンション)価格は下落傾向

プノンペン コンドミニアム

2020年第1四半期末、特にハイエンドおよびミッドレンジ物件の1㎡あたりのマンション価格は、下降傾向にありました。

ミッドレンジ物件の㎡あたり単価は1.5%、ハイエンド市場は0.5%低下。一方、手頃な価格帯の物件単価は0.3%上昇しました。

コンドミニアム賃貸も値下がりしています。ハイエンドとミッドレンジ物件はそれぞれ0.4%と0.6%下落。

このような価格低下の背景には、COVID-19を取り巻く恐れと、2020年第1四半期に新規公表される供給に起因します。

CBREカンボジアのレポートでは、特にマンションの不動産価格に対するCOVID-19の影響はまだ初期段階にあることを示しています。


オフィススペース市場はより競争的に

プノンペン オフィス

地主をめぐる競争はさらに激しくなり、特にCOVID-19影響下で厳しく制限されている場所では、新しいテナントを引き付けるために短期割引を提供するもところも。

パンデミックがエスカレートし続けるにつれ、オフィススペースの流入は、2020年第2四半期および第3四半期の賃貸価格に下向きの圧力をかけると予想されています。


COVID-19圧力に最もさらされている、小売スペース

プノンペン 小売

プノンペンの小売センターを訪れる客足は、COVID-19の拡散により急激に減少しました。それによる売上の低下は、賃貸料率を10.5%減少させ、4年間で最も急激な低下率となりました。

CBREは、2020年の後半に回復すると予想しています。


土地付き資産は堅調

プノンペン borey

EBA協定やCOVID-19などの経済的な逆風にもかかわらず、Borey(土地付住宅)開発者の信頼は依然として強いようです。

これらの物件の相場価格は、2020年第1四半期末までに減速の兆しは見られませんでした。実際、これら住宅物件の価格は最大2.9%上昇し、別荘では最大4.3%の価格上昇が報告されました。

CBREのレポートは、Borey(土地付住宅)価格が年間を通じて堅調であり続けると予想しています。市場調整がある場合、それは再販によって抑制されると予想されます。

参考ページリンク:

https://www.realestate.com.kh/news/real-estate-prices-begin-downward-trend-due-to-covid-19/



https://dooorblog.com/%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%af%e3%81%a9%e3%81%86%e3%82%84%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%89%e3%81%84%e3%81%84%e3%81%ae%ef%bc%9f/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA